お知らせ

サービスオープンキャンペーン実施中!
ただいま契約すると取扱手数料が3ヶ月間無料!お申込はお早めに。対象:2023年2月末まで契約が成立したお客様のうち先着100名様

固定価格買取制度(FIT)は太陽光発電を普及させるために国がつくった制度です。

太陽光発電設備を設置後10年間は、余剰電力を地域の電力会社に高値(2010年度までに設置の場合は48円/kWh)で買い取ってもらいます。

しかし、10年間の買取期間が満了すると、売電価格は大幅に低下します。

10年間のFIT期間が満了した状態、または発電設備のことを卒FITと言います。

今まで無かった新しい卒FIT向け電力買取サービス、エネまかせ

エネまかせは、卒FITに該当する太陽光発電システムにて発電した電力のうち余剰電力を、JEPX(日本卸電力取引所)の取引単価に連動して買い取る、新概念の電力買取サービスです。


※JEPXとは Japan Electric Power Exchangeの略称で、電気の発電事業者と小売事業者の電力の売買を仲介する卸電力市場としての役割を担っている日本で唯一の卸電力取引所です。 JEPXでは、1日が電力の計量単位(毎時0分〜30分、30分〜0分)で分割され、48個(コマ)が一つ一つ商品として取引が行われています。

エネまかせは、急変する電力市場の中で卒FITに該当するお客様の電力の価値をより高めたいとの想いから生まれました。

昨今の電力料金単価の大幅な値上がりが社会的な問題になっている中、現在の料金単価を逆に売電の収益源に活用する発想の転換により、既存の買取単価と比較して高額の収益を見込むことができます。

① 高額買取が期待できる

JEPX(日本卸電力取引所)の取引単価の推移に連動して電力の取引が行われるので、既存卒FIT買取サービスに比べて高額の収益を期待できます!
※ 通常JEPXで電力を取引するためには一般送配電事業者との間で接続供給契約締結等の条件が必要です。※ JEPX取引単価の相場は上記の「JEPXスポット市場取引結果」でご確認いただけます。※高額収入を保証するものではありません。

② 負担のない契約体系

契約開始前の手数料や解約の違約金など、不要な費用が一切かからないので、安心してご利用いただけます。また、蓄電池導入に関する制限もありません。

 簡単・明確な申込手続き

面倒な書類の用意や郵送は必要なし!お申込はウェブで情報を入力するだけ。既存の電気料金プランや電力会社のプランを変える必要もありません。お申込後も手続き状況や買取開始等の予定をメールでお知らせします。
余剰電力は「固定単価で買取」決めつけていませんか?
JEPX(日本卸電力取引所)では、毎日電力の取引が30分単位で行われており、昨今の電力料金単価の大幅な値上がりは、JEPXの取引単価にも現れています。
せっかく発電した大切な電力を決まった単価で売り続ける。それともダイナミックな市場トレンドに合わせて収益の向上を見込む。あなたは、どちらを選びますか?
最近の電力取引単価のトレンドを今すぐ確認!
STEP ①申込
「申込」ボタンをクリックして、お客様の個人情報や太陽光発電システムの情報など、電力買取に必要な情報をご入力いただきます。
STEP ②受付
お申込みいただいた情報を基に弊社にてサービス開始の手続きを行います。ご入力情報に不備がある場合は弊社よりメールにてご連絡いたします。
STEP ③契約完了のお知らせ
契約手続きが完了しましたら、弊社より契約のお知らせメールを配信いたします。電力買取開始日もメールにてご案内いたします。
STEP ④電力買取開始
毎月の買取電力量・買取金額等の情報を、翌月の10営業日前後にお客様のメールアドレス宛に配信いたします。

サービス概要

サービスエリア

東京電力 / 東北電力 / 中部電力 / 関西電力 / 中国電力 / 四国電力 エリア

※離島は対象外です。

対象のお客様

固定価格買取制度の買取期間満了を迎えた物件の所有権をお持ちの方

固定価格買取制度の買取期間が満了した物件を新たに購入した方

契約期間

余剰電力の買取が開始された月の検針日から1年間

※契約期間終了の2ヶ月までに解約の申出がない場合は、1年ごとの自動更新となります。

※料金などに関する詳細は、お問い合わせを参照してください。

JEPXスポットプライスグラフ


下記のグラフでは、実際のJEPXのスポット市場の取引単価の状況が一目で確認できます。電力会社(エリア)と日付を画面から選択してください。
複数エリアを選択の際、単価の一致によりグラフの線が1本のみ表示される場合があります※現在サービスを提供しているエリアは、東北・東京・中部・関西・中国・四国の6カ所です。